2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉都の表玄関

11月というのに暖かいですね、今朝なんか少し蒸し暑さを感じたほどでした。

さて青井神社を離れてこれからは観光の面に入って行こうと思います。
今日の一枚はまだ汽車が旅の交通手段であった頃の温泉の街人吉の表玄関、駅前通りの夜景です。

駅前から南に向かって通りを写したもので右が現在の天守閣さん側、左が現在のあおやぎさん側です。通りの両側をまたぐネオン塔、そして真ん中には大きな温泉マークのネオンサイン、列車を降り駅頭に立った旅人に温泉の街を強くアピールしていますね。昭和8年から昭和19年頃の間の風景です。情緒がありますね。
人吉セピア 002

現在の駅前通りです。もう一度ネオン塔はできないものですかね。
夜景2
スポンサーサイト

人吉今昔

さてタイトルの通り今までご紹介した絵葉書と同じ様なアングルで写真を撮ってみました。
増水のあとで球磨川の水量もまだ多いようでした。

町並みや風景は変わっても、遠くの山のかたちは変わっていなかったり古絵葉書に写っている木が大きくなったのではないかと思われるようなものがあったりして、時を隔てて変わるもの変わらないものそれぞれに感慨を深くしました。

 人吉・町の遠望 
霞む家並

城址より遠望



次は人吉大橋 上流より
人吉セピア 012

大橋 上流より



そして人吉大橋 下流より
人吉セピア 011

撮影地は山田川との合流地点よりほんの少し上流です。
大橋 下流より

この後はできるだけ今昔の対比画像でご紹介していきます。
カテゴリーは人吉今昔に収納致します。



水の手橋の今昔

先日の「人吉市街遠望」の大きな素材だった「水の手橋」に今日はスポットをあてました。
最初の画像は昭和9年6月8日に行われた渡り初め式の様子です。
渡り初め b

風にはためく日の丸の中をまずは神官その後はお役人の方々でしょうか、少し離れて三代の夫婦さらに延々と行列が続きます。みんなが待ちに待った日だったでしょう。
それにしても京都、嵐山の渡月橋を彷彿とさせるような橋桁が美しいですね。

次は当時と現在の水の手橋との比較画像をどうぞ。
前水の手橋 2

街灯も手すりも情緒がありますねー。

一方こちらは災害に強く更に機能性も重視したのでしょうか、現代の橋です。
水の手橋②




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

泉都セピア

Author:泉都セピア
遠い日の、人吉の街のたたずまいを想像させてくれるセピア色の絵葉書や古写真そして今の時代にもおしゃれなパンフレットなどをご紹介してまいります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

パンフレット (17)
市内風景 (11)
球磨川 (4)
橋 (10)
青井神社 (7)
旅館 ・他 (62)
人吉今昔 (3)
日記 (25)
未分類 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。