2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青井神社 楼門

なんという事、話が大事な楼門を通り抜けて禊橋からいきなり拝殿に行ってしまってました。

司馬遼太郎さんが「街道を行く」の中でこの楼門を見て書かれている「桃山風の建造物よりもさらに桃山ぶりのエッセンスをかんじさせる華やぎと豪宕さ・・・」 というくだり、良く目にするのですがこの「桃山風」とはどんなのだろうと考えた事があまりありませんでした。

調べてみると戦乱の世が少し落ち着いてきて建築様式も力強さ、豪快さだけでなく豪華、華麗、緻密さなどが加わわり華やかな様式に変わっていったようですね。

そうした意識を持って青井神社の楼門を改めて眺めるとまずは分厚いわらぶきの屋根があたりを圧する豪快さ、そして欄干や三重に重なって軒を支える肘木など沢山の緻密な造作が華麗さをかもし出しているのかなと感じました。

桃山風


今日の一枚は昭和32年の復元工事後の絵葉書の様でまんざら絵葉書に後から彩色を施した様には見えません。
京都や奈良の寺社仏閣でも創建当時は極彩色に彩られていたわけですからこの楼門もこんな感じだったのかもしれませんね。
楼門

現在です。ほぼ同じアングルでとれました。狛犬の後ろに伸びでいるのは避雷針です。
現在楼門



スポンサーサイト

青井神社 拝殿

表面の書式からして昭和初期の絵葉書です。
拝殿は現在とほとんど変わりません。八角灯篭もまるで根付いている様にほぼ同じ場所に立っています。

拝殿の右側に隣接して建物が建っています。これは参集殿で現在はもっと東側に移築されています。
写真を撮りに行った折に、ちょうど福川宮司さんや青井神社案内人の立石さんがいらっしゃってお話を伺う事ができ、この建物が昔は参拝にこられた殿様の休憩やお食事処として使われていたとの事、なるほど隣接していた方が便利ですよね。現在も直会(なおらい)つまり神事の後の食事儀礼などに使われています。

また当時のお殿様の神社参拝の道順はまず人吉城より舟で出発(過日アップしました梅花の渡しの発船場付近)球磨川を下り青井神社の丁度南側の船着場で下船、そしてそのまま北へ直進、禊橋を渡られ楼門をくぐられて拝殿へ参拝され、やがて神社の西方、薩摩瀬に位置する下屋敷に行かれるというコースだったとの事、興味深いお話を沢山聞かせて頂きました。

ここはいつ行ってもなにかしら勉強になります。
人吉セピア 001

現在の拝殿
拝殿

参集殿
参集殿


禊橋 奉燈

現在の禊橋を写しに行ってきました。天気も回復し、バスガイドさんに引率された多くの観光客が参拝をしているいつもの風景でした。

昭和初期のほぼ同時期に撮られたと思われる上下2枚の禊橋、すでに石造りです。現在の橋の欄干は赤く彩色されていますが、無垢の石の方が良いかは好みもあるかもしれませんね。
旧禊橋

現 在
禊橋

現在の画像には橋手前の奉燈が写っていません、実は数メートル右に立っているのです。実物を見ている内にアレっと気づいた事がありました。  下部に彫ってある「奉燈」という文字です。
古い絵葉書の「奉」の字は十が三つ重なった様な旧字体ですが現在のものは普通の「奉」です。

奉燈

にもかかわらず左隣の面には「大正十年 新設」となっています。奉燈の形状はほぼ同じですからひょっとしたら石の表面を削って読みやすい字に変えたのか、石版を埋め込んだのでしょうか。

ハレの日とケの日

おくんちも終わりまたいつもの日常が戻ってきました。ハレの日からケの日への切り替わりですね。

しかし最近はハレの日とケの日との区別がなんだか解らなくなってて正月やお盆やおくんちなど季節の行事の他にも毎日のようにどこかでイベントや祭りが行われ、非日常と日常の境目がぼんやりとしてきている様に思います。
非日常が日常になり、さらに非日常を求めてエスカレートしていくのではと・・・

今日の一枚は蓮池南側からの写真です。
禊橋(みそぎばし)はまだ木造でスロープの勾配は現在よりなだらかですね。また鳥居も木造の様で御幣が下がっています。楼門の屋根の上部には千木(ちぎ)が見あたりませんが画像の問題で薄くなっているのかもしれません。
蓮池は沢山の蓮の葉で覆われ現在の様子と変わらず時の隔たりをまったく感じません。
虫眼鏡でよく見たら楼門の下に子供連れの人達がいるのがわかりました。写真が生き生きとしてきます。

全体としてのたたずまいがほぼ100年近くも前とかわらないというのはやはり素晴らしいですね。
明治40年から大正9年の間の発行です。

明治禊橋

現在
禊橋






国宝

先日、知人と「昔のくんち祭りの時は朝から霧が濃いくて寒かったがねー」なんていう話をしていましたが今朝はまさにその通りでしたね。
小さな子供の頭を獅子面に噛んで貰う風景が今年もあちこちで見られました。  時にはじいちゃん、ばあちゃんも(^^)

子供の頃の思い出をひとつ。
当時の獅子麺はその顔もピカピカではなく年季が入っていて古色蒼然、顔つきも獰猛でおまけに雷雲の上着や浪模様の袴も色あせ、いかにもおどろおどろしく、こんなのが髪を振り乱して走ってくるものだからそれは怖くて、逃げるのですが焼酎の臭いをプンプンさせながら地下足袋を履いたまま土足で家の中まで追っかけてくるので2階の押入れに隠れた事もありました。今となってはいい思い出です。

今日の画像は後日アップする絵葉書が入っていた袋です。時代はまだ人吉町だった昭和初期です。
タイトルの上に「国宝」と書いてあります。不思議ですね、平成20年に国宝に指定されたのに・・・

ネットで調べてみるとこれは昭和25年に施行された文化財保護法より以前の旧国宝と以後の新国宝の違いのようで保護法以前は有形文化財はすべて「国宝」と呼ばれていたとの事、その名残ですね。
青井神社は平成20年に改めてそして晴れて国宝に指定されたわけですね。

青井神社絵葉書

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

泉都セピア

Author:泉都セピア
遠い日の、人吉の街のたたずまいを想像させてくれるセピア色の絵葉書や古写真そして今の時代にもおしゃれなパンフレットなどをご紹介してまいります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

パンフレット (17)
市内風景 (11)
球磨川 (4)
橋 (10)
青井神社 (7)
旅館 ・他 (62)
人吉今昔 (3)
日記 (25)
未分類 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。