2011-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青井神社 文化苑

古絵葉書はありませんが青井神社と切り離せないのが隣接する「文化苑」です。
ここは平安時代初期から明治の時代まで約1100年もの間、神社の大宮司を継承した青井家の屋敷と庭園です。

いくつもの歴史的な建物とそこに収蔵されている貴重な遺物の数々は地元にすんでいる者にとっても見た事の無い様なすばらしさです。

この屋敷、幕末には勤王思想家「高山 彦九郎」(京都に旅された方はご存知かもしれません・・東海道の最終地点、三条大橋のたもとで京都御所の方に向かいひれ伏している銅像のあの人です。)
が数日滞在されたり、西南戦争の折には薩摩軍人吉隊の宿舎になったりと歴史の舞台となった所でもあります。

日本式庭園も素晴らしい。中央には池や水路(今は水はありません)があるので、ゆくゆくはここで曲水の宴でもされたらいいのになどと思ってます。

_文化苑



文化苑の入り口は現在は神社の境内からですが、折角なら私はこの正門から入りたい、なんといっても風格がありますから。
_正門_

庭には瓦を縦に埋めたこんな素敵な歩道もありました。素晴らしいアートですね。
瓦の道

係りの方は観光客にも見て欲しいけれど、まだまだ地元の人が少なく認知度も低いのでぜひ一度みて頂きたいと話されていました。もったいないですね。



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

泉都セピア

Author:泉都セピア
遠い日の、人吉の街のたたずまいを想像させてくれるセピア色の絵葉書や古写真そして今の時代にもおしゃれなパンフレットなどをご紹介してまいります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

パンフレット (17)
市内風景 (11)
球磨川 (4)
橋 (10)
青井神社 (7)
旅館 ・他 (62)
人吉今昔 (3)
日記 (25)
未分類 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。